川越八幡宮

川越八幡宮 かわごえはちまんぐう

  • トップ トップ
  • 神社について 神社に
    ついて
  • ご祈祷 ご祈祷
  • 行事・お祭り 行事・
    お祭り
  • 授与品・御朱印 授与品・
    御朱印
  • 氏子区域・ご案内 氏子区域
    ・ご案内

川越八幡宮

住所 〒350-0045 埼玉県川越市南通町19-3
開閉時間 9:00~17:00
受付時間 9:00~17:00
定休日 なし
電話番号 049-222-1396
FAX 049-224-4236
公式サイト https://www.kawagoe-hachimangu.net/
  • 御祭神

    誉田別命

  • 御鎮座

    長元3年(1030)

詳しく見る

アクセス

アクセス

【電車の場合】
東武東上線・JR埼京線・有楽町線 川越駅東口より徒歩約6分
西武新宿線 本川越駅より徒歩約7分

【お車の場合】
関越自動車道 川越ICより約15分

駐車場

境内に駐車場がございます。(無料)
※駐車場をご利用の際は川越街道側の参道をご利用ください。

川越八幡宮について

読み方 かわごえはちまんぐう
住所 〒350-0045 埼玉県川越市南通町19-3
開閉時間 9:00~17:00
受付時間 9:00~17:00
定休日 なし
電話番号 049-222-1396
公式サイト https://www.kawagoe-hachimangu.net/

御祭神と御由緒

御由緒

当社・川越八幡宮は、第68代・後一条天皇の時代の長元3年(1030)に甲斐守源頼信によって創祀されたと伝えられています。

長元元年(1028)、下総国(千葉)の城主前上総介平忠常は朝廷に謀反を企て、安房、上総、下総の3カ国を従わせ、大軍を起こして武蔵国に攻め入りました。この乱は長元の乱と言われ、3年に渡り鎮圧できませんでした。有力武士だった冷泉院判官代甲斐守源頼信が長元3年に平忠常追討の倫旨を賜りました。

御祭神

誉田別命 ほむだわけのみこと
(第十五代応神天皇)

応神天皇は母親である神功皇后と共に大陸文化を日本に取り入れて、日本文化の興隆をはかられました。また神功皇后が自分の御子神(応神天皇)を自分の替りとしてこの世に下されたものと言われ、八幡様の信仰は母が子を抱きかかえた慈愛で子を育てる大愛です。母の愛情に勝るものはありません。この大愛こそが八幡信仰のもとと言えます。

広く日本人に信仰された八幡様。大愛の御神徳を感じながら日々の暮らしを過ごしてみませんか。ぜひ四季のお祭りや観光などに当社にお立ち寄りください。きっと「心のオアシス」を体感できるはずです。

御鎮座

長元3年(1030)

御神徳

厄除け・厄払い・病気平癒・交通安全・商売繁盛・家内安全・学業成就・諸願成就・長寿・恋愛・良縁・夫婦円満・芸能上達

参拝の作法

鳥居の前では一礼をしましょう。
神域に入ったら静かに参道を進みます。
参道の中央は神様の通り道とされていますので、端に寄って歩きましょう。

手水舎にて手と口を清めます。

  • 1)右手で柄杓を持ち水をくみ、左手を清めます
  • 2)柄杓を左手に持ち替え、右手を清めます
  • 3)柄杓を右手に持ち替え、左手で水を受け、口をすすぎます
  • 4)左手を清めます
  • 5)残った水で柄杓の柄を清め、元に戻します

参拝方法

賽銭箱の前に立ったら軽くお辞儀をし、賽銭箱にお賽銭を入れます。
「二拝二拍手一拝」の作法で拝礼し、軽くお辞儀をしてから退きます。

参拝方法

ご祈禱

受付時間 9:00~17:00
所要時間 30分程度
受付場所 境内 社務所
ご祈祷・お祓いの種類 人生儀礼
初宮詣|安産祈願|七五三詣|厄除​け|成人祝|神前結婚式|その他

ご祈願・お祓い
方位除け|合格(学業)祈願|良縁(縁結び)祈願|交通安全(車祓)
眼病平癒|良縁(縁結び)祈願|スポーツ必勝祈願|心願成就
家内安全|商売繁盛|社運隆盛|職場安全|開運招福
無病息災|病気平癒|命名|人形清祓|旅行安全|水子供養|その他

出張祭典
地鎮祭|上棟祭|竣工祭|家屋解体清祓
家祓・入居清祓|井戸埋祓|邸内社・神棚祭|神葬祭|その他
各種初穂料
(ご祈祷料)
個人5千円〜(お宮参り 1万円)
会社・団体2万円〜 出張祭典3万円〜
ご予約

お問い合わせください。

撮影

お問い合わせください。

備考
当宮では団体式(他の参列者さまとの合同参拝)は行っておりません。
個々のご参拝者各々による玉串拝礼(まごころ参拝)をいただいております。
ご祈祷は神職によりお一人おひとりの願いが叶えられますようご奉仕申し上げております。

ご希望の願意・日時・氏名・連絡先をEメール、FAXでお知らせください。
☎︎ 049-222-1396(9:00〜17:00)
​FAX 049-224-4236
info@kawagoe-hachimangu.net

出張祭典について

地鎮祭

最も一般的で重要な建築の祭事です。家屋やビル、工場などを建築する工事をはじめる前に、その土地の神様にご挨拶をして、土地を祓い清め、これから行われる工事の安全を願います。 建主や工事関係者が参列し、敷地の中に祭壇を設け、お供物をして、その土地の神様をお迎えします。
[建主様にご用意いただくもの]
神饌(米、清酒、魚、海藻類(昆布、海苔、寒天など)、野菜、果物、塩、水)
初穂料 3万円〜
[施工主様、建築業者様にご用意いただくもの]
青竹、注連縄、盛砂、鎌・鍬・鋤 ※ご利用がかなわない場合は、神社にお申し付けください。

上棟祭 (じょうとうさい)

「むねあげ」とも言われ、建物の柱が立ち、棟木を上げる際に行われるお祭りです。
上棟祭では、建物の神様や職人の神様をお迎えします。それらの神様と氏神様を記した棟札を中央の柱に貼り、棟木には上棟弊を立て、魔除けとして弓矢などを飾ります。

竣工祭 (しゅんこうさい)

建物が完成し、入居する前に行うお祭りです。新築した建物を祓い清め、神様に工事が無事完成したことを奉告します。建物が末長く丈夫であること、そこに住む人々が反映することを祈願します。

家屋解体清祓 (かおくかいたいきよばらい)

これまでお世話になった家屋の神様に感謝を伝え、清祓します。 家祓・入居清祓 (いえばらい・ にゅうきょきよばらい) 入居前の家屋の除災・魔除祓、新たに入居された家屋の家内安全を祈願いたします。

井戸埋祓 (いどうめばらい)

先人たちから守り使われてきた井戸の神様に埋井戸の清祓をいたします。 邸内社・神棚祭 (ていないしゃ・ かみだなさい) 邸内にあるお社や家屋の神棚をお祓・祈願いたします。

神葬祭 (しんそうさい)

今日の平和な生活はご先祖様のおかげによるものです。各々のご家庭のご先祖様に日々の感謝と敬意そして慰霊を捧げるお祭りを行います。

お焚き上げについて

直接お持ちください。当社以外の授与品は受付しておりません。

厄年表

男性
前厄 24歳
平成12年生
(2000年)
41歳
昭和58年生
(1983年)
60歳
昭和39年生
(1964年)
本厄 25歳
平成11年生
(1999年)
42歳
昭和57年生
(1982年)
61歳
昭和38年生
(1963年)
後厄 26歳
平成10年生
(1998年)
43歳
昭和56年生
(1981年)
62歳
昭和37年生
(1962年)
女性
前厄 18歳
平成17年生
(2006年)
32歳
平成4年生
(1992年)
36歳
昭和63年生
(1988年)
60歳
昭和39年生
(1964年)
本厄 19歳
平成17年生
(2005年)
33歳
平成3年生
(1991年)
37歳
昭和62年生
(1987年)
61歳
昭和38年生
(1963年)
後厄 20歳
平成16年生
(2004年)
34歳
平成2年生
(1990年)
38歳
昭和61年生
(1986年)
62歳
昭和37年生
(1962年)

方位除け

四緑木星
中央(八方塞がり)
100歳
大正13年生
91歳
昭和8年生
82歳
昭和17年生
73歳
昭和26年生
64歳
昭和35年生
55歳
昭和44年生
46歳
昭和53年生
37歳
昭和62年生
28歳
平成8年生
19歳
平成17年生
10歳
平成26年生
1歳
令和5年生
七赤金星
北東(表鬼門)
103歳
大正10年生
94歳
昭和5年生
85歳
昭和14年生
76歳
昭和23年生
67歳
昭和32年生
58歳
昭和41年生
49歳
昭和50年生
40歳
昭和59年生
31歳
平成5年生
22歳
平成14年生
13歳
平成23年生
4歳
令和2年生
九紫火星
北(困難宮)
105歳
大正8年生
96歳
昭和3年生
87歳
昭和12年生
78歳
昭和21年生
69歳
昭和30年生
60歳
昭和39年生
51歳
昭和48年生
42歳
昭和57年生
33歳
平成3年生
24歳
平成12年生
15歳
平成21年生
6歳
平成30年生
二黒土星
南西(裏鬼門)
106歳
大正7年生
97歳
昭和2年生
88歳
昭和11年生
79歳
昭和20年生
70歳
昭和29年生
61歳
昭和38年生
52歳
昭和47年生
43歳
昭和56年生
34歳
平成2年生
25歳
平成11年生
16歳
平成20年生
7歳
平成29年生

 

七五三

3歳(男女)

男の子・女の子

満年齢
令和2年生
(2020年)

数え年
令和3年生
(2021年)

5歳(男)

満年齢
平成30年生
(2018年)

数え年
平成31年生・令和元年
(2019年)

7歳(女)

満年齢
平成28年生
(2016年)

数え年
平成29年生
(2017年)

戌の日安産祈願吉日

赤文字の日は大安の戌の日となっていますので、ぜひ参考にしてください。

令和5年(2023年)

1月 4日(水)赤口 16日(月)赤口 28日(土)先勝
2月 9日(木)先勝 21日(火)先負  
3月 5日(日)先負 17日(金)先負 29日(水)先負
4月 10日(月)先負 22日(土)大安  
5月 4日(木)大安 16日(火)大安 28日(日)赤口
6月 9日(金)赤口 21日(水)友引  
7月 3日(月)友引 15日(土)友引 27日(木)先負
8月 8日(火)先負 20日(日)大安  
9月 1日(金)大安 13日(水)大安 25日(月)赤口
10月 7日(土)赤口 19日(木)先勝 31日(火)先勝
11月 12日(日)先勝 24日(金)先負  
12月 6日(水)先負 18日(月)仏滅 30(土)仏滅

令和6年(2024年)

1月 11日(木)赤口 23日(火)赤口  
2月 4日(日)赤口 16日(金)先勝 28日(水)先勝
3月 11日(月)先負 23日(土)先負  
4月 4日(木)先負 16日(火)仏滅 28日(日)仏滅
5月 10日(金)赤口 22日(水)赤口  
6月 3日(月)赤口 15日(土)友引 27日(木)友引
7月 9日(火)先負 21日(日)先負  
8月 2日(金)先負 14日(水)大安 26日(月)大安
9月 7日(土)赤口 19日(木)赤口  
10月 1日(火)赤口 13日(日)先勝 25日(金)先勝
11月 6日(水)先負 18日(月)先負 30日(土)先負
12月 12日(木)仏滅 24日(火)仏滅  
  • 年間行事
1

歳旦祭

新春特別祈祷

ご参拝者各々のお願いことを「ひとつ一つ」真心を込めてお祓い祈願しております。

ご祈祷時間:9時~16時30分(元旦:午前0時~2時30分も行います。)
※参集殿受付にて祈願用紙にご記入をいただきお札が調いましたら昇殿のご案内をしております。

成人式

第2日曜日
氏神様に成人になった感謝のご奉告と、今後の健康とご隆盛を祈念します。

5

春祈念祭

4〜5日
その年の五穀豊穣と氏子地域の繁栄を祈願します。

6

紫陽花祭

境内に植えられたさまざまな品種のアジサイ約300株が境内を彩ります。

茅の輪くぐり

6月下旬〜7月上旬
江戸初期から行われている疫病除け伝統神事。

「夏越大祓」ともいい、自分に付いた病気や災難を形代(かたしろ)に移し、茅の輪をくぐることにより心身ともに新しく清浄に生まれ変わる神事です。

6月30日16時~の神事にご参列の皆さまには「形代と大祓御札」を進呈いたします。

川越八幡宮こども相撲大会

氏子青年会による青少年健全育成活動です。

7

9

鎮守の森コンサート

鎮守の森コンサート

10

例大祭

14〜15日 例大祭
川越祭 山車・神輿巡行

11

七五三詣

平安の頃より三歳を「髪置き」、五歳を「袴着」、七歳を「帯直し」と言い、子供の成長と健康を氏神さまに祈願する神事です。古くは11月15日に行われました。お子様の「こころ」に響く祈願をご奉仕申し上げます。
※七五三祈願は、一年中行っております。

12

大祓

21半年間の間に知らずに身についた、罪・穢れを祓い、新年を健やかに迎えるための神事です。

授与品・御朱印

お守り
おみくじ
絵馬
御朱印
御朱印帳
お焚き上げ

川越三峯神社 授与品

  • 運気上昇守り

    御祭神のご神徳をいただく

    初穂料 700円
  • 御朱印

    川越三峯神社
    遷座祭記念御朱印

    初穂料 1000円

足腰健康の神様 授与品

  • 初穂料 700円
  • スポーツ必勝の勝守

    初穂料 700円

目の神様 授与品

  • 目の御守

  • ​目の絵馬

厄除け(桃)の神様 授与品

  • 厄除桃御守

    初穂料 700円
  • 厄除桃絵馬

    初穂料 500円

ぐち聞きさま​ 授与品

  • 心身不安除御守

    こころを元気にするお守り

    初穂料 700円

夫婦イチョウ​ 授与品

  • えんむすび守り

    ご利益 良縁に恵まれ愛が育つ
    初穂料 各500円
  • えんむすび守り

    ご利益 白鳩が結ぶ
    初穂料 700円
  • 絆守

    ご利益 恋人同士の絆、片想いの人との絆が深まる
    初穂料 1,000円
  • 良縁絵馬

    ご利益 えんむすびへの誘い
    初穂料 500円

氏子区域

埼玉県,川越市,南通町

ご奉賛のお願い

創建1000年記念大祭ご奉賛のお願い

当宮は、長元3年(西暦1030年)源頼信公によって、豊後国(現在の大分県)宇佐八幡宮からこの地に勧請された、悠久の歴史を有する神社です。令和12年 (西暦2030年)に創建1000年という節目の佳年を迎えます。この記念大祭を奉祝し、記念事業として「令和の神苑整備事業」を行うことと致しました。本事業の完遂に向けた皆様の御奉賛を仰ぎたく、 お力添えを謹んでお願い申し上げます。

神殿改修工事
老朽化した本殿・拝殿及び境内末社の改修を行う事業です。

境内景観整備
神域の尊厳を護持するために、鎮守の森の樹林整備及び境内舗装面の改良や神殿・石造物などの補修を行う事業です。

参拝利便整備
参拝者の利便を向上するため、社殿の一部の改修やスロープ・手すりなどを整備する事業です。

ご奉賛金について

ご奉賛の金額は個人一口1万円からのお志ですが、法人・団体10万円以上を目安にご奉賛願えれば幸いです。

お申し込み方法について
神社へのご持参の場合 川越八幡宮社務所にて申し受けします。

お振込の場合
下記指定金融機関に振込手数料を差し引いてお振込ください。
口座名義はいずれも「川越八幡宮創建1000年記念大祭奉賛会」
※一括または分納にてご納金を承っております。
※ご芳名を神前に奉告し名簿を供しますので、 お名前・ご住所など正確にご記入ください。

ご奉賛受付金融機関
埼玉りそな銀行 本川越支店[普通]4423318
ゆうちょ銀行 00210-8-90325 (振込口座名義) 川越八幡宮創建1000年記念大祭奉賛会 

電話でのお問い合わせはこちら

049-222-1396

※お問い合わせの際は、あまはしを見たとお伝えください

Loadingお気に入り登録

お気に入り

お気に入りに登録された神社は
ありません。

エリアから探す

エリアを選択

  • 北海道・東北地方選択中
  • 関東地方選択中
  • 中部地方選択中
  • 関西地方選択中
  • 中国地方選択中
  • 四国地方選択中
  • 九州・沖縄地方選択中

目的から探す

目的を選択

  • 御神徳選択中
  • 御朱印選択中
  • 御祈祷選択中
  • 授与品選択中
  • 祭典・行事選択中
  • その他選択中

神社一覧から探す

>お気に入り神社一覧を見る

氏神様をお探しの方でわからない場合は、各都道府県の神社庁にお問い合わせください。

神社名 住所 電話番号
北海道神社庁 〒064-0959 札幌市中央区宮ヶ丘474-35 011(621)0769
青森県神社庁 〒038-0024 青森市浪館前田1-2-1 017(781)9461
岩手県神社庁 〒020-0872 盛岡市八幡町13-2 019(622)8648
宮城県神社庁 〒980-0014 仙台市青葉区本町1-9-8 022(222)6663
秋田県神社庁 〒010-1427 秋田市仁井田新田2-15-26 018(892)7932
山形県神社庁 〒990-0053 山形市薬師町2-8-75 023(622)4509
福島県神社庁 〒963-8034 郡山市島1-10-20 024(925)0457
茨城県神社庁 〒319-0397 水戸市三湯町1108-300 029(257)0111
栃木県神社庁 〒320-0015 宇都宮市八幡台14-24 028(625)2011
群馬県神社庁 〒370-0861 高崎市八千代町2-4-26 027(326)2274
埼玉県神社庁 〒330-0803 さいたま市大宮区高鼻町1-447-1 048(643)3542
千葉県神社庁 〒260-0001 千葉市中央区都町4-3-1 043(310)7166
東京都神社庁 〒107-0051 港区元赤坂2-2-3 03(3404)6525
神奈川県神社庁 〒235-0019 横浜市磯子区磯子台20-1 045(761)6387
新潟県神社庁 〒955-0042 三条市下坂井14-21 0256(32)0613
富山県神社庁 〒930-0088 富山市諏訪川原1-10-21 076(432)7390
石川県神社庁 〒920-0811 金沢市小坂町西44 076(252)7771
福井県神社庁 〒918-8014 福井市花堂中1-3-28 0776(34)5846
山梨県神社庁 〒400-0013 甲府市岩窪町572 055(288)0003
長野県神社庁 〒380-0801 長野市箱清水1-6-1 026(232)3355
岐阜県神社庁 〒500-8384 岐阜市藪田南3-8-24 058(273)3525
静岡県神社庁 〒420-0821 静岡市葵区柚木250-2 054(261)9030
愛知県神社庁 〒456-0031 名古屋市熱田区神宮1-1-1 052(682)8041
三重県神社庁 〒514-0005 津市鳥居町210-2 059(226)8042
滋賀県神社庁 〒520-0035 大津市小関町3-26 077(524)2753
京都府神社庁 〒616-0022 京都市西京区嵐山朝月町68-8 075(863)6677
大阪府神社庁 〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 06(6245)5741
兵庫県神社庁 〒650-0015 神戸市中央区多聞通3-1-1 078(341)1145
奈良県神社庁 〒634-0063 橿原市久米町934 0744(22)4731
和歌山県神社庁 〒641-0022 和歌山市和歌浦南3-4-10 073(446)5611
鳥取県神社庁 〒680-0015 鳥取市上町87 0857(24)7699
島根県神社庁 〒699-0701 出雲市大社町杵築東286 0853(53)2149
岡山県神社庁 〒703-8272 岡山市中区奥市3-22 086(270)2122
広島県神社庁 〒732-0057 広島市東区二葉の里2-1-1-2 082(261)0563
山口県神社庁 〒753-0091 山口市天花1-1-3 083(922)0506
徳島県神社庁 〒770-8007 徳島市新浜本町2-3-61 088(663)5102
香川県神社庁 〒760-0005 髙松市宮脇町1-30-3 087(831)2775
愛媛県神社庁 〒791-0301 東温市南方1954-2 089(966)6640
高知県神社庁 〒780-0065 高知市塩田町19-33 088(823)4304
福岡県神社庁 〒812-0055 福岡市東区東浜1-5-88 092(641)3505
佐賀県神社庁 〒840-0843 佐賀市川原町8-27 0952(23)2616
長崎県神社庁 〒850-0006 長崎市上西山町19-3 095(827)5689
熊本県神社庁 〒860-0005 熊本市中央区宮内3-1 096(322)7474
大分県神社庁 〒870-0047 大分市中島西3-8-19 097(532)2784
宮崎県神社庁 〒880-0053 宮崎市神宮2-4-2 0985(25)1775
鹿児島県神社庁 〒892-0841 鹿児島市照国町19-20 099(223)0061
沖縄県神社庁 〒900-0031 那覇市若狭1-25-11波上宮内 098(868)3697

いし